◆醤油庫
ここは艦底の醤油庫でございます。

醤油の一斗樽の陰に、表に出せない雑多なモノが置いてございます。

ここでお読みになったものは、この場限りで忘れてやって下さいまし。
旅順   *ご注意ください*腐女子モノです。
旅順(一) (二) (三) 照和九年。温厚で実直な駆逐艦艦長、富森少佐。どこか影のある美青年、旅順要港部副官の前原大尉。
ふたりの出会いとその後のお話。03/4/21
旅順(四) (五) (六) 前原の攻勢に富森は……03/5/14
NAKED EYES 要港部庁舎で顔を合わせたふたりは……03/6/20
旅順(七) 日のあるうちから前原に押しかけられて……03/8/23
帰さない 帰艦しようとする富森を妨害する前原。03/8/26
夕立 部屋の外は雷を伴う激しい夕立……04/9/20
旅順(八) 前原がふと見せる暗い表情に富森は……03/9/12
夜半の月 ベッドのふたりを照らす月……03/12/20
プルシャンブルーの影 富森の心を完全に掴みきれない前原の思い。03/11/29
池のほとりで 休日の朝、富森は前原を植物園に連れ出し……04/5/1
アカシアの旅順 ついに《藤》に出動命令が下された。富森は前原に会うため出航当日司令部に立ち寄る。04/7/12
CALLING TODAY 開戦後の夏。異国で聞いた歌声にふと前原は足を止めた。03/7/13
逃げ水 照和二十四年。イーサ泊地の日本武尊で再会したふたり。03/4/26

草の上で   *ご注意ください*腐女子モノです。

草の上で 前原司令の妖しい夢。03/4/7

太極計画

太極の波紋 やかんが脳内消去している「太極計画」。この計画を受け入れた場合のその後のお話。03/10/27
朝餉 「太極計画」に従い、原と磯貝は国内で潜伏生活を始めた。ようやくふたりの新生活も落ち着いて……04/7/28

その他のお話   *ご注意ください*腐女子モノを含みます。

イーサの湯けむり イーサ泊地の露天風呂にて。大石長官を巡る煩悩の嵐(^^;03/8/13
和服のふたり いつごろの話かは未設定。大石宅を訪れた前原は若い頃を懐かしむ……03/3/7
青い闇 照和24年12月、イーサ泊地で大石と前原は再会した。習熟航海の疲れが出た前原はひとり部屋に引き取った……03/4/1
悪寒(おまけ) 「悪寒」にはひょっとしたらこんな続きがあったかも。
悪夢 原さんは働きすぎなのです。04/1/4
もしだんなさまにしたら キャラ別予想妄想03/8/3